スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Comments*0 / Trackbacks*0
生きててよかった

って思った夜。


誰かに必要とされたり、誰かに喜んでもらったり、誰かに楽しんでもらったり、誰かにお祝いされたり、誰かとおいしいお酒を飲んだり、誰かとすきな人たちの話で盛り上がったり。
それってすごくしあわせなこと。感謝 感謝。

いつも冬休み中とかで、年始の忙しい時期に生まれたわたしは、学生時代、直接面と向かって友達とかに誕生日を祝ってもらったことがあまりなかった(友達と言える友達が両手で数えられるくらいしかいなかったってのもあるが)。
でも短大で初めてサプライズってものをやってもらって、うわあって思った。うれしかったなあ。わたしも友達だいじにしよう、同じようにしてあげようって思った。
何年前の話だっけ。

生きててよかったって思うことはいろんなことに対して起こりうるけど、自分が生まれたことや生きてるっていうことを誰かに感謝されたり、誰かに喜んでもらったり、誰かにお祝いされたりしたときにとても強く感じる。
君らしくいてくれることを願いながら。

ありがとう


-
Comments*0 / Trackbacks*0
いろんなこと

いろんなことに腹が立つ。

いろんなことっていうかもう主に仕事。
うざい!くそ!

なので、きのうのエフエヌエスにはなんだか救われた。
30回くらい巻き戻して見た。なんかいもなんかいも見た。ユズ村新司のところだけね。
いろんなことが関係ないんだよ。ただ単純にすきなだけ。純粋に。
あの頃の純粋なきもちとはまたちがうけど、いまでも純粋に彼らがすきだよ。

冬がきたよ、あの頃のにおいがする。
雪が積もって、頬をさす冷たい風にふかれて、鼻がつんとする空気すいこんで、思い出す。



あーあ。すきだったなあ。いまでもだいすきだよ。
みんながすきでした。だいすきです。

-
Comments*0 / Trackbacks*0
 


うざ!!!!!!!!!


-
Comments*0 / Trackbacks*0
あれやこれや


DVDのこと。

ネタバレ

続きを読む >>
-
Comments*0 / Trackbacks*0
でっかく生きる

さあ頑張ろうぜ!

輝き求め暮らしてきた
そんな思いがいつだって
俺達の宝物

負けるなよ、そうさお前が
いつかくれた優しさが今でも宝物



変わっていく。
変えてみせる。
変わりたい。
変わりたくない。
変わらないで。
変わらないよ。


仕事あと3時間半、帰りたい。
こんな嫌々仕事してたらバチあたるわな。

保育に戻りたい、戻りたくない。
自信ない、でもこの先このままやってくんだろうか、いまの仕事もいやだ、戻りたい、戻りたくない。



-
Comments*0 / Trackbacks*0
よみがえる


ゆずのうたが泣けるとか、
あの演出が泣けるとか、
うん。それもたしかにあるんだけど

でも、あの日々を思い出してしまって、それがいちばん泣けた。


早いのか遅いのか
もう今年も終わろうとしているね。

やっぱりゆずがすきなんだ


-
Comments*0 / Trackbacks*0
きずつける
今まで生きてきて、いろんなひとを、いろんな方法で、何度も何度も傷つけてきた。


行動にうつしたあとで、口走ってしまったあとで、「いけない」ってすぐに気づくの。
わかるんだけど、それを行動にうつすまえに、口走ってしまうまえに、わかることができない。
自分だったらどうなの?って、事後に考えるんだけど、おわってしまったことはどうしようもできない。

こんなじぶんがいや。



でもそれをわかってるなら、直す努力をしよう。
みんなごめんね。
軽率なんだわ、自分ではほんと全てネタで発言してるつもりが、誰かを傷つけている。
そんなつもりじゃないの。とか言うつもりもないし、重々承知している。
でもこれが自分で、ほんとどうしようもない人間だけど、直す努力をしよう。します。
ごめんなさい。ほんと、Twitterとか、まじでフォロー外していいからね(笑)


こんなじぶんがいや。とか、キレイゴトだわ。


-
Comments*0 / Trackbacks*0
ありがとう、さよなら、


 
101023_0809~01.jpg

別に自分のものになるわけじゃないし、
そもそも最初から自分のものじゃなかったし、
彼らが結婚しようがわたしたちの人生にはなんの関係もない。
そんなのわかってるもん。
とっくにわかってたもん。

だけど、少なからずそういう目で見ていた。
たとえそれが間違いだったとしても。




半信半疑=傷つかないための予防線。

その半信半疑が確信に変わって、
今までぼんやりしていたことが急に鮮明になった。
真っ暗な暗闇から急に目映い光の中にぶちこまれるような感覚だよ。
眩しすぎて目を開けることも進むこともできない。


もうファンやめる。曲も聴かない。
そう言うひとだって、間違いじゃないよ。
「おめでとうが言えないなんて、そんな人ファンと言えない」
「好きなら祝福しろよ」
あんたらに何が解るんだよ。
別にわたしが何か言われたわけじゃないけど、

みんな覚めない夢の中で、必死に答えを探してる。



だいすきだったんだもん。
恋だったんだよ。
みんなもだいすきだったんだもんね。
恋だったんだよね。
だいすきでいたことにも、恋してたことにも、理由なんてない。

長い夢だね。
なかなか覚めてくれないね。つらいね。




続きを読む >>
ゆず
Comments*0 / Trackbacks*0
1/379PAGES >>
InternetExplorer Only